読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

韓球自在

とある大学生が自分なりに韓国野球とのその他の国の野球について考えるブログです。

#3 SKワイバーンス ダニー・ワース内野手を獲得

こんばんは、猪熊そさらです。

 

第三回は新戦力についての話題です。

 

KTに続いて動いたのは今季あと一歩の所でプレーオフ進出を逃してしまった6位のSKワイバーンス。最下位に沈んだKTが監督が変わったように、SKワイバーンスも監督交代を行いました。

 

その人物とはかつて日本ハムを日本一に導いた名将、トレイ・ヒルマン今季はメジャーリーグヒューストン・アストロズベンチコーチを務めていました。

 

そして今回紹介するのは、そのアストロズからの選手です。(教え子を連れてきたのかな?)

 

f:id:inokuma1227:20161119203757j:plain

 

ダニー・ワース(31)という選手について

今季のメジャーの成績は16試合に出場して打撃成績は(39-7)の0.179 本塁打

初昇格となった2010年には39試合、2012年には43試合に出場しているものの、メジャー計6年間での通算打撃成績は(300-67)の0.223。また、マイナーでの通算打撃成績も(2023-541)の0.267と特別打撃に秀でているわけではない。

 

しかし、今季のマイナー打撃成績は(303-100)の0.330、自身初のシーズン2桁本塁打(11本)を記録している。四球も自己最多の54個を選んだが、その一方三振も72と多い。しかし昨年は99個のため、ある程度改善したといえる。

 

彼の最大の武器は守備であろう。メジャーでは主に守備固めとして起用されているが、セカンド、サード、ショート(ファーストも一応)と内野すべてを守ることができる。さらにショートでは守備率100%、つまり一度も記録に残るエラーはしていないのである。セカンドでも守備率99%と高い数値である。

 

メジャーだと指標が少ないためマイナーの記録を見てみても、ショートは96%、セカンドは98%と数値的にも優秀であろう。(ちなみにサードは96%)

 

※余談だが、マイナーではピッチャーでの出場もあるらしい。ナックルが武器だとか

 

詳しい成績は下からどうぞ

http://www.baseball-reference.com/register/player.cgi?id=worth-001dan

 

 

 

 

 

 

SKは今季、ヘクター・ゴメスが主にショートを守り0.283 21本 62点の成績を残した。このゴメスは守備範囲は広いがドミニカン特有の軽い守備(僕が勝手にそう呼んでるだけです)のせいか荒いプレーも多かった。SKが来年の契約を結ばなかったのはおそらくそのようなプレーを嫌ったからだろう。

 

新監督のヒルマンがよく知っている選手であり、守備力の高さには定評のあるワースは打撃は未知数なものの、SKの弱点を埋めてくれる存在にはなれるだろう。

SKのクリーンナップは、キム・ガンミン、パク・チョングォンと高齢の選手が多い。チームではおそらく「3番ショート」あたりで起用されるのが予想される。

 

悲願の優勝へ、ワースはその原動力となれるか。